2016年04月30日

いま一番おすすめのハイブリッドカーはトヨタのアクアです

トヨタアクアは既存の車種にハイブリッド機能を乗せたタイプの車ではなく、始めからハイブリッド専用車として設計開発したされた車です。

燃費性能も兄弟車のプリウスを上回ります。

車重が軽く排気量も小さいアクアの燃費がプリウスよりもいいのは当然といえます。

世界的にみても、アクアは最も低燃費の類に入る自動車です

5ナンバーの普通車にもかかわらず軽自動車よりも燃費がいいのは、まさにハイブリッドカーならではといえます。

また、エンジンの排気量がプリウスよりも小さなアクアは自動車税も安くなります。

エコカー減税、グリーン税制により自動車取得税と車両重量税も有利に適用されます。

車両重量税に関しては実質100パーセントカットでき、維持費も軽自動車並みです。

sa-08-akua.jpg

さらに、アクアは駆動用のバッテリーを車体の重心部分に配置したため、重量バランスがよく、高い走行性を確保しています。

直進安定性がよく、コーナリングでもミッドシップのスポーツカーのようなハンドリングを確保しています。

車体重量も約1トンと軽量なうえ、135馬力のエンジンとモーターのパワーで加速力も高く、スポーツ志向のコンパクトカーとしも楽しめる車となっています。

また、価格面でみても、兄弟車のプリウスと比較すると約50万円前後安く、お買い得感があります。

プリウス以上の燃費性能を確保しているため、全体的なコストパフォーマンスは非常に高い車といえます。

ハイブリッドカーは駆動用バッテリースペースを確保しなければならないために、インテリアスペースが狭くなりがちですが、配置に工夫した結果、荷物スペースも十分に確保されています。

ラッゲージルームの容量も300リッターを越えています。

いま、アクアが飛ぶように売れているのも十分に頷けるというものです。
posted by パピルス at 21:00| Comment(0) | 日記

2016年04月28日

近い将来、本当にクルマの自動運転は実現するのでしょうか?

自動運転で走るクルマが、日本だけでなく世界で開発されています。

近い将来、それらの車が公道で走る日が来るのかどうかは、現時点ではまだわかりません。

自動運転のクルマがクリアするべき問題はいくつもあります。

技術的に完全な安全運転をすることができるのかという点や、もし事故が起きた時の責任の取り方、あるいは自動車保険はどうするのかといった問題があります。

なによりも、自動運転の車が公道を走るためには、しっかりと法律で認められなければいけません。

現在の道路交通法では、運転手がハンドルやブレーキを使って、クルマを制御下に置くことが求められています。

sa-07-jidouunntenn.jpg

つまり、ドライバーが寝ている間に、クルマが勝手に目的地に連れて行ってくれるということは認められないのです。

現在の技術で、法律の枠内で出来ることといえば、走ったり止まったり曲がったりといた行動を自動運転システムがサポートをするという程度です。

もし、これを変えるというのであれば、道路交通法はもちろんのこと、そのベースとなっている国際条約までも変えなければいけなくなっています。

自動車メーカーなどは、自動運転に前向きですが、すべての人がその技術を信頼しているわけではなく、法律を改正するのは極めて険しい道だといえます。

一応、日本では2020年の東京オリンピックを目処に、法整備が出来るようにと動いています。

自動運転の夢が叶うためには、膨大な実証実験を繰り返し、自動運転のクルマの安全性を確実に確認していかなければいけません。

長期的にみれば、いずれは実現する可能性がありますが、2020年という目標までにそれが達成できるかどうかは、技術の進歩と政治家・専門家を交えた徹底的な議論が必要になってくるでしょう。
posted by パピルス at 21:00| Comment(0) | 日記

2016年04月25日

愛車を長持ちさせるために日頃からやっておきたいメンテナンス

車を故障なく安全に運転するために、日常的にメンテナンスを行っておきたいものですね。

メンテンスは、主にエンジン関係、タイヤ、灯火類の3項目をチェックするのが基本になります。

エンジン関係では、エンジンオイル、ブレーキフルード、クーラント、バッテリー液、ウォッシャー液などの液量と劣化状況の確認を行います。

もし液量などが減っているようであれば補充し、劣化している場合は交換をするのが基本になります。

ただし、エンジンオイルやクーラントなどは一定の年数や走行距離に応じて交換時期となりますので、交換した日時をしっかりと記録しておくことが大切です。

sa-06-menntenannsu.jpg

また、エアークリーナーの汚れ具合や各ベルトの劣化状況などは目視で確認し、状況に応じて交換するようにします。

タイヤに関しては、空気圧、溝、編摩耗の状況などをチェックします。

空気圧が不足しているようであれば適正な値になるまで補填し、溝にスリップサインが出ているようであれば、スリップの危険があるのでタイヤ交換が必要になります。

また、編摩耗を起こしているようであれば、ホイールアライメントの狂いなどが考えられますので、ディーラーや整備工場などで点検してもらいましょう。

灯火類は、ヘッドライトやポジションランプ、ウインカー、テールランプ、ブレーキランプ、バックランプ、ナンバー灯などが正常に点灯するか目視で確認を行います。

これらが点灯しない場合は、整備不良となり違反点数と反則金が科せられるだけではなく、運転していて非常に危険ですので、必ず新しい物に交換するようにしましょう。

もっとも、最近の灯火類にLEDランプを使った車が多くなっていますので、そういった車の場合は、まず球切れの心配はないといっていいでしょう。

われわれは車整備の専門家ではありませんので、メンテナンスといっても難しいことはできませんが、ここに書いたような簡単なチェックであればだれでもできますので、時間をみてやるようにすれば、車への愛着も増してくるに違いありません。

posted by パピルス at 22:00| Comment(0) | 日記